15分あればどこでも行ける、人気エリア大里町周辺の魅力

FEATUREAugust.23.2017

 甲府市の南側に位置する大里町周辺は、若い方に人気のエリアです。
 国母駅近くに新しく出来た桜湯や根強い人気の大滝温泉等、誰もが食いつく温泉施設があり、スーパーやドラッグストア、本屋さんやマクドナルドが集合している「アクロスプラザ」も同エリアにあります。
 小学校・中学校も近く、ママたちに人気の「今井小児科医院」があるのもこの地域。子育て世代にもおすすめのエリアと言えるでしょう。飲食店やヘアサロンも多く点在し、近くで何でも揃う暮らしが手に入ります。
 今回は、実際に大里町に住んでいる人たちの声を聞きながら大里エリアのおすすめの飲食店を取材してきました。


究極に飲みたくなるスムージーがここに

 中巨摩郡昭和町から移転してきて早1年、県内初のスムージー専門店「カラフル」。
 飲食関係の仕事をしてきたオーナーの加藤さんが、ダイエットやアンチエイジングの資格取得のため「食」について学び始めたのは今から5年程前のこと。日常の野菜摂取量が圧倒的に足りていないことに気づき、スムージーを毎日飲むというカタチで自らのカラダを改善、その効果を伝えたいという想いが今のカラフルをオープンするきっかけになったのだと教えてくれました。

 カラフルのスムージーは基本2種類で、季節によって内容が変わります。県内産や有機栽培の野菜やフルーツをなるべく使用している安心のスムージー。季節のモノを美味しくいただくことにとてもこだわっています。そして、日常にスムージーのある暮らしを提案するために月に一度、講座も開催しているそうです。
 単にカフェという括りではなく、「自分のカラダに目を向ける」きっかけを作ってくれる場所がここにはありました。

▲一汁三菜ごはん(1,000円・税込)/玄米ごはん、具だくさんお味噌汁、サラダ、選べる2品がセットになっています

▲グリーンスムージー(小 450円・税込 大 600円・税込)この日は、自家製バジルとモモとブルーベリーでした

スムージーと玄米菜食のお店 カラフル colorful

住所:甲府市古上条町854
電話番号:080-3421-5626
営業時間:11:30~ 20:00


吉田のうどんといえば、あのお店

 オープンから2年を迎えた「手打うどんなべ」。甲府市善光寺にある人気のうどん店「とだ」の分店。
 一軒家での営業が多い吉田のうどん店は少し女性に抵抗があるイメージだけれど、なべは違います、店内も明るく清潔感があるので安心してあのコシを堪能することが出来るのです!
 
 定番人気はやっぱり「肉(470円・税込)」ですが、夏の暑い時期はさらに強いコシの冷たい麺”つけ”が人気だということです。夜の営業もしていて、うどん以外にもちょっとしたおつまみメニューが並ぶのだとか。
 男性一人はもちろん、ファミリーや女性客で毎日賑わいを見せるなべは今日も店主の元気な「ありがとうございました!!」の声が響き渡る活気に溢れた手打うどん店です。

▲肉わかめ(520円・税込)にねぎのトッピング(20円・税込)

手打うどん なべ

住所:甲府市大里町2202-2
電話番号:055-227-7990
営業時間:11:30 ~14:00 18:00 ~20:00 (休日 月曜日)


このエリアのソウルフード「カレーはうす じゃがいも」

 暮らしている人なら誰もが知っている?!このエリアのカレー店といえばここではないでしょうか?
 若かりし頃フレンチをやっていたという店主が「毎日食べたくなるようなモノ」を提供したい、と当時珍しかったカレー専門店をオープンさせたのは今から27年前。また食べたくなってしまう料理に理由なんている?じゃがいものカレーには記憶の引き出しをあける特別な何かがあるのです。

 当初から変化し続けているというメニューも30年近く経った今は定番の30種類で安定。人気のランチは週替わりの「きまぐれランチカレー(900円・税込)」が根強いのだそうです。辛さも10段階程から選ぶことができます。

 「長年大切にしてきていることは何ですか?」と尋ねると、「こんなに長くやっていれば難しいことも言わない。とにかく一つひとつ、一品いっぴんを丁寧に心を込めて作ることですよ」。と優しい笑顔で答えてくれました。
 地域の人の中に刻みこまれる店とはこういうことなんだと思わずにはいられないお店です。

▲店内に飾られた絵やメニューは全て店主の手書き。愛情のこもった暖かいお店

▲スペイン風オムカレー(1,050円・税込 スープ、サラダ付 1,250円・税込)

カレーはうす じゃがいも大里店

住所:甲府市堀之内町930ザ・ヴィレッジ930
電話番号:055-241-1400
営業時間:11:00 ~14:00 17:00 ~21:00(定休日 火曜日)

文章:堀内麻実(anlib design)
写真:anlib design