―飼い主さんが専属トレーナー ― 犬と素敵な人生の旅を

FEATUREAugust.12.2022

人と犬は古くから、助け合うかけがえのないパートナー。
古代人の狩猟は、犬が獲物を追い詰めて仕留める手法で、それにより人類は生き延びたとも伝えられています。
しかし近年はストレス社会となり、飼い主も愛犬もストレスを感じてさまざまなトラブルに苛まれています。

ドッグトレーニングの先進国であるイギリスでは、「飼い主がトレーナーに最もふさわしくあるべきである」という独自の見解があります。
そんな見解を紐解き、トレーニング理論として実践している方が、南アルプス市の小型犬専門出張トレーニング・Dog Training Cauda Canisの保坂利江さんです。
インターネットで圧倒的な高評価と熱いコメントを獲得、そこには飼い主も愛犬も、毎日の暮らしが笑顔で一杯になるヒントが込められているように思いました。

今月はそんなスペシャルドックトレーナーの保坂さんにお話を伺いました。
ぜひご覧くださいませ。


愛犬家から本格的なトレーナーに。

▲子供の頃から動物が大好き!と話す保坂利江さん。

幼稚園の時のスタンダードダックスフンドから始まり、小学生で柴犬を育てた。
社会人となりジュエリーデザイナーをやりながら、トイプードルとダックスフンド2頭と暮らした。
この時はまだ、ただの愛犬家だった。

「流血の狂犬」との出会い。

▲かつての「流血の狂犬」 Dog Partner soror(ソロル)

トレーナーになったキッカケは、現在のDog Partnerのsoror(ラテン語:姉妹)との出会いから。
ペットショップでコクシジウム(寄生虫感染症)にかかり瀕死の状態でバックヤードにいた。ゲージから出して触った時、ものすごい勢いでガブッ!と噛みつかれた。
甘噛みレベルではない本気噛み。
「この子は強い!」と保坂さんは思った。

兼ねてから強い女の子のトイプードルが欲しかった保坂さんは、sororを家に迎え、これを機にドックトレーナーになろうと決意。
トレーナーライセンスの勉強をしながら、実技はsororと一緒に行った。
家族全員で向き合い、血だらけになってもトレーニングを重ねた。
トレーニングの甲斐もあり、心が通じて奇跡が起きた。
かつての「流血の狂犬」は、誰も信じないほどの優秀犬となり、保坂さんのかけがえのない パートナーとなった。

▲信頼関係もしっかりと築けている。

医療特化型トレーニングが必要なauraとの出会い。

▲ちょっと生真面目な女の子、aura(アウラ)

保護犬の里親募集活動をしている方のInstagram で出会った、当時1歳9ヶ月のイタリアングレーハウンドの純血種aura.(ラテン語:輝き、変化する出来事)
医療ネグレクトで動物病院に保護されたが、とても足が折れやすく約8か月入院放置され、まるで骨と皮だけのやせ細った状態だった。

すぐに家に迎い入れ、骨折を繰り返す脚をその都度、獣医師とセッションをして適切な処置を行い続けた。この事が医療特化型のトレーニングを行うきっかけとなり、行動療法やリハビリなどを積極的に学び、取り入れた。
その甲斐があり現在は、プレートが2枚骨の補強の為に入ってはいるものの、走ったり日常生活が出来るまでに回復した。
人に慣れていない状態で、動物病院の待合室でギャンギャン鳴くような子だったが、トレーニングが実り、精神的にも安定しておとなしく診察を受けるまでになった。
体調も回復し、体重は2.8kg から3.7kgになった。

▲イタリアングレーハウンドは美しいシャープなシルエットが特徴の犬種。

オーダーメイドトレーニングとは?

▲「お座りは出来るが、噛みます。」では困る、しつけは子供で言う道徳みたいなもの。

▲お散歩中の水分補給はヤギのミルク。(理由は直接聞いてみてください♪)

飼い主さんの要望やスキル、ワンコの性格や気質など1頭1頭全部が違う。
それを突き詰めた時、マニュアルでは対応できないオーダーメイドのメニューに行き着いた。

「飼い主さんが愛犬のことを知らないと、吠えたり噛みついたりなどの予想外の行動に理由が分からずに困惑する。まずは飼い主さんに『愛犬と向き合う心構え』をしっかり持ってもらうところから始めます」と保坂さん。

▲トレーニング期間は自由。飼い主さんの満足がいくまで寄り添います。

基本のトレーニングは1時間、終了後は飼い主さんがトレーニングをしている動画や画像、補足のための文章をLINEにアップしてレポートで振り返る。(※)
最終的に自分の愛犬用の完全オリジナルのトレーニングマニュアルが出来上がる。
(※一般にはトレーナーの負担が大きいため、有償で提供されるサービスですが、保坂さんは無償にて実施しているそう!)

愛犬から毎日届くラブレター⁉

家庭犬トレーナー一級、家庭犬飼育管理士、小動物看護士・介護士、救命救急、災害救助のライセンスを次々と取得。
日頃の管理、住環境、食生活、健康管理(ボディケアやオーラルケア)、散歩の仕方、しつけの仕方、生き方全般をレクチャーする。

「愛犬のうんちやおしっこは毎日届く『ラブレター』、健康状態をちゃんと教えてくれるもの。みんなワンコはしゃべれないと言いますが、ものすごく雄弁です」と保坂さん。

▲ラブレター❤キターーーーーー!

「小型犬専門」にこだわる理由。

小型犬にこだわる理由がある。
ペットショップやブリーダーさんから「小型犬の運動は、お散歩20分ぐらいすればあとは家の中で放し飼いをしとけば十分足りる」と言われることが多く、これこそが問題とのこと。

お散歩も行かない、吠えれば怒られる、飼い主は仕事で不在、ひとりぼっちでお留守番。
ストレスは溜まり、それにより問題行動と言われている、吠え・破壊行動・飼い主への威嚇行動等の負のサイクルが起きやすいのが小型犬なんだそう。

そんな問題を抱えやすい小型犬だからこそ、少しでも世の悩みを抱える飼い主や愛犬の手助けができればと思い、小型犬に特化したサービスを提供している。

▲処理袋、お水、ウォーターボウル等のお散歩グッズは必須!
マナーを守らなければ、公共施設は利用してはいけないと思います。

「お散歩の時に地面にタッチして、地面が熱くないか確認する。人の足音はこんなふうに聞こえ、車にはこんな振動があって、通り過ぎる時にも大きな音や風がくる。このように愛犬の目線に立ち、心を寄り添い思いやりを重ねていく事が、大切な愛犬と共に生きる上で重要なのです」と保坂さん。

お散歩を義務と思っていたある飼い主さんは、保坂さんのトレーニングを体験するうちに、お散歩が楽しくなり、飼い主さんの免疫も上がって体調が良くなり、冷え性も改善され健康になった。愛犬だけでなく飼い主さんもどんどん内側から綺麗になっていくのだそう。

出張トレーニングは自然豊かな場所で。

保坂さんのトレーニングは出張サービスで行っている。
基本的に飼い主さんのご自宅へ伺いトレーニングを行う。
出張サービスは山梨県内限定で、出張料は訪問する距離に応じてご精算。
保坂さんのご自宅近くのお散歩コースや、御勅使南公園でトレーニングする事も出来る。
Dog Partner sororやCauda Canis Friendとの合同トレーニングも出来、Pack walkingなど多彩なトレーニングを一緒に行う事で、より充実した体験ができるそう。

▲南アルプス市の御勅使南公園、お昼までは木陰でトレーニング出来る。

▲お散歩を快適にする犬用冷却ウエア:クールタンクトップ(保坂さんの企画デザイン)

コロナ禍でのペットブームの弊害…

今非常に多いのが、コロナの影響で自宅にいる時間が長くなり、癒しをワンコに求める人達が増加。ペットショップで仔犬だけを見て、大きくなったイメージを想像できずに犬という動物を知識も理解もなく衝動買いしてしまう。

▲今では純血種でも保護犬が多いそう

その結果、自分たちのライフサイクルに合わない。思っていたより声が大きく吠え続けてしまい近所迷惑になる、運動などにも手がかかり、医療費等にもお金がかかる。
『愛されるために生まれてきた命。』なのに、人間の都合で捨てられてしまう。
ワンコは飼い主を選べない。
迎え入れた責任は、人間が持たなければいけない。

犬と素敵な人生の旅を。

トレーニングの最初の頃は、トレーナーである保坂さんに従い行動をしてくれるワンコが多いが、やがて「飼い主さんがトレーナーになる」時がやって来る。

「飼い主さんの言うことだけを聞いて、飼い主さんを見つめて、飼い主さんと楽しく歩く時が来る。その瞬間はちょっとだけ寂しいけれど、本当に良かったなと感じる。それがドッグトレーナーである私にとってのご褒美です。」と保坂さん。

犬と暮らすという事は、お金と労力もかかる。
毎日一緒に生活する飼い主さんがトレーナー、ワンコのトレーニングは一生つづく。
共に歩む覚悟を決めると、理解する楽しさ、生活する楽しさ、そこに実りある豊かで新鮮な犬生と人生が広がっていくのかもしれない。

▲「ワンコが大好きで、ワンコの事なら何でも知っている、おしゃべり好きなおばあちゃん」と皆さんに思っていただきながら、人生に幕を降ろす生き方が最終目標とのこと。

▲ワンコと素敵な人生の旅は続く…。

保坂さん、soror&aura、貴重なお時間を頂きありがとうございました❤

▲名刺はロゴマークも全部保坂さんのデザイン。人は一人ではなく、ワンコという愛すべき存在から交流が広がり閉じることがない、という想いを輪で表現している。

「小型犬専門出張ドックトレーニング」 Dog Training Cauda Canis

保坂 利江
住所:山梨県南アルプス市上今諏訪1724-5
営業時間:9:00~18:00
電話番号:055-282-3672
Mail : info@cauda-canis.com
※トレーニングに出ている場合は、ご連絡が遅くなる場合があります。
ホームページ:https://www.cauda-canis.com/

山梨のおすすめ「犬と素敵な旅の宿」をご紹介。

■日本の秘湯に選出「桃の木温泉さんわそう」

▲南アルプス、御勅使南公園から16分!

▲源泉かけ流し湯&ペットと一緒にお布団で眠れる宿!

▲ロビーにはカラフルな室内ドックラン♪テンション爆上がり!

【桃の木温泉さんわそう】

山梨県南アルプス市芦安芦倉1672
電話番号:0555-72-5559
ホームページ:https://www.momonoki.net/

■2代目のワンちゃん&常連さんで賑わう24年目の「ペンションモンターニャ」

▲ここは河口湖♪木立の中でさらに涼しくワンちゃんにはパラダイス!

▲飼い主も泳ぎたいのですが…何か?(ドック専用プール)

▲チップ材と芝生の2種の広いドックラン、遊び切れない!楽しすぎるワン!

【ペンションモンターニャ】

山梨県南都留郡富士河口湖町小立6075-1
電話番号:0555-72-5559
ホームページ:https://www.pension-montana.com/
「誕生月にはそっくりドックケーキをプレゼント」
※↑リアルさに感動!ぜひホームページをご覧ください❤︎

■富士山と河口湖が眼前!最高のロケーション「プライベートホテル麗」

▲わくわくが止まらない♪河口湖を満喫するぞー!

▲山梨県産の旬の食材を使ったコース料理・お酒も楽しみ❤️

▲宿泊棟はテラス付きの戸建て、ワンちゃんもくつろげるイタリアンテラコッタの床。

【河口湖プレイベートホテル麗】

山梨県南都留郡富士河口湖町大石2620-1
電話番号:0555-76-8650
ホームページ:https://ph-rei.com/


いかがでしたか。
保坂さんはドックトレーナーの他に、パラレルワークでフリーランスのジュエリーデザイナー、ホームページや名刺、犬服の企画デザイン、ワンちゃん達の細密画を描く等、幅広く活動されています。
何事にも全身全霊で取り組む姿に圧倒されました。
止めどなく溢れ出る愛情のエネルギー、敏感なワンちゃん達にも伝わっていると感じました。

(保坂さんに魅了された岩田でした)

▼わんこと最高のRefresh!リピート必至のドックラン5選▼

▼VivitBase的猫可物件特集・おすすめ6選 〜一度飼ったらヤバいよ猫〜

【VivitBaseペットと楽しく暮らせる物件のご紹介】

「オーフォレスト」

住所:山梨県甲府市蓬沢町958
階建て:3階建て3階部分
築年月:2007年4月

「パークハイム里吉」

住所:山梨県甲府市里吉3丁目
階建て:3階建/3階
築年月:1996年5月

「夏は大合唱、秋はさえずりの楽園」

住所:山梨県甲府市山宮町1014-9
階建て:一戸建て
築年月:1976年5月