【オーナーに聞く】どんな家に住むかよりも、どんな暮らしをするか…。余白を楽しむ暮らし方の新提案(石川オーナー)

FEATUREDecember.21.2018

面白いかどうか、そこに尽きる

移住したいまちとして近年人気を集めている山梨県北杜市。豊かな自然と、近代的暮らしが融合する小淵沢町は、俗に言う”田舎”とは少し違う、独特な文化が息づく町である。
今回訪れたのは、そんな小淵沢町にある「八ヶ岳ガレージハウス」。オーナーの石川さんが提案する余白を残した暮らし方とは?


「八ヶ岳ガレージハウス」とは何でしょうか?

一言で言えば、ガレージ付リゾート賃貸物件です。 部屋は、4タイプの間取りで、全9戸。家具・家電付きのタイプも用意しています。 一番のウリは、他物件にはないシェアスペースがあることです。 鉄や木、レンガなど剥き出しの素材感を散りばめたインダストリアルテイストで統一した 50帖の空間で、配置した家具や照明は、ヴィンテージな物を自らセレクトしました。 “みんなで作ってみんなで食べる”ためのオープンキッチンと大きな食卓、そして、大型スピーカーや真空管アンプで楽しむオーディオなど、日常では得られない無駄や余白を楽しんでいただくスペースになっています。
勿論、こうした“ハコ”の魅力だけではなく、八ヶ岳周辺環境を含めて楽しんでこそのリゾート物件だと考えます。 BBQや流しそうめん、ツーリング、トレッキング、乗馬などのイベントを定期的に企画し、入居者の皆さんや訪れる人に楽しんでいただいています。 ガレージハウスというハードウェアと、イベントなどのソフトウェアを八ヶ岳という素晴らしい環境で楽しんでいただく。 そして、そこで出会う人と人の絆や、化学反応を大切にしていきたいと思っています。 だから、ガレージハウスについて言えば、従来の賃貸業の括りではなく“サービス業”だと捉えています。

▲全ての部屋に、オーバースライダータイプのガレージ付き

▲入居者が自由に使えるシェアスペース

▲映画のワンシーンに出てきそうなキッチンも自由に使うことができる

▲馬に乗ってお散歩を楽しめるのは、乗馬タウンである小淵沢の大きな魅力

▲「八ヶ岳ガレージハウス」には、馬のまま訪れることが出来るように3頭分の駐馬スペースもある。

▲トレッキングイベントの時の様子

▲車イベントやツーリングも開催

▲夏にはみんなで流しそうめんを楽しむ

なぜ、八ヶ岳に「ガレージハウス」を作ったのですか?

私自身は、元々名古屋で暮らしていました。 車が好きで、前からこの辺りにはよく走りに来ていたのです。長野県の蓼科だったり、同じ北杜市の清里だったり。 やがて八ヶ岳の素晴らしいロケーションに魅了され、いつかはここにガレージハウスを作りたいと思うようになりました。 実際に動き始めたのは50歳を過ぎてから。年齢のプレッシャーでしょうか… 今やらないと一生やらないし、やらなかったら後悔するなと思いました。
八ヶ岳の中でも小淵沢を選んだのは、車と鉄道のアクセスの良さです。 東京からでも名古屋からでも適度な距離で来やすいこと。 また、リゾナーレ八ヶ岳や八ヶ岳プレミアムアウトレットなどの大型施設に加え、飲食店のバリエーションも豊富にあり、リゾートとしてのポテンシャルが高いこと。 標高1000メートルラインが、年間を通して暮らしやすいことなどです。

苦労しているのはどんなところでしょうか?

全国的に見ても珍しいスタイルの賃貸物件だと思います。 実際に訪れていただいた方には理解して喜んでいただけるのですが、写真や文章でここの良さを発信するのはとても難しいですね。『百聞は一見にしかず』ぜひ、現地で物件と環境を確かめていただきたいです。
そのために、一泊二日の無料宿泊体験なども随時やっています。
(※お気軽にお問い合わせください)
<別荘=分譲>と考える方がほとんどなので、<別荘=賃貸>が、なかなか理解されにくいですね。 しかし、リゾートライフにおいて、賃貸の方が優れていることも沢山あります。 草刈りや雪かき、落ち葉掃除などは私の方でやっていますので、入居者の方には 手軽にリゾートライフを楽しんでいただけますし、家具家電付きの部屋なら、身一つで翌日からでもリゾートライフを楽しめるのです。そういった意味では、法人契約も非常に多いですね。所有するのではなく必要な時に利用する。 それが「八ヶ岳ガレージハウス」からの新しい提案です。

▲ミッドセンチュリーデザインの家具付き部屋

▲部屋ごとにテーマを決め、オーナーが厳選した家具を置いている

▲デザイナーズホテルのようなベッドルーム

VivitBaseとの出会い、そして良いところを教えてください。

社長と専務が二人で来たのですが、“若くて良かった”が第一印象でしたね。しっかりとした考えと斬新なアイディア、そして行動力も素晴らしいと思います。従来の不動産屋という枠を飛び越えて、面白いことにどんどんチャレンジしているじゃないですか。色々提案もしてくれるのはヴィヴィットベースさんくらいです。素直に面白いことや面白い人が好きなので、本当に素晴らしいなと感じています。

▲石川オーナーと共に薪割りを楽しむ武原社長

オーナー自身が、大切にしていることはありますか?

自分が住みたくなるようなワクワクする物件であること。 実際、自分自身も「八ヶ岳ガレージハウス」を活用しているし、まずはオーナー自身が思わず住みたくなるような魅力的な商品でなければならないと思っています。
他所がやらないちょっと変わった物件であること。 何より他と被るのが好きではないので、ここにしかないオンリーワンの設備や仕掛けをいろいろと考えました。別に「八ヶ岳ガレージハウス」は新しいとは思いませんが、オンリー ワンではありたいと願っています。
そして、進化する物件であること。 最初が一番で次第に魅力度が落ちてゆく、のではなくて、入居者様の意見や要望を取り入れつつ、魅力度を増していける物件でありたいと思っています。
 

▲この場所にしかない唯一無二の空間

▲JBLのスピーカーとMcintoshの真空管パワーアンプが最高の音を教えてくれる

石川孝太郎

八ヶ岳ガレージハウスオーナー

八ヶ岳ガレージハウスA

住所:北杜市小淵沢町上笹尾
賃料:172,000円 管理費:20.000円
間取り:2LDK

八ヶ岳ガレージハウスB

住所:北杜市小淵沢町上笹尾
賃料:137,000円 管理費:20.000円
間取り:1LDK

オーナー様×VivitBaseのお得なWキャンペーン!
2019年3月末までにお申込みの方限定!
仲介手数料50%OFF×ご契約から1年間お家賃減額サービスあり。
※お部屋ごとに賃料が異なる為、減額金額もタイプごとに異なります。
(タイプA:17.2万円/月 → 1年間は15.7万/月に。タイプB:13.7万円/月 → 1年間は12.5万円/月に。)

 
文章:堀内麻実(anlib design)
写真:anlib design