僕と君の冬物語〜夜景にまつわるエトセトラ〜

FEATUREJanuary.17.2019

映画、遊園地、動物園や水族館、デートの定番ってたくさんあるけれど、ジュエリーのようにキラッキラ輝く夜景もまた、ドキドキの止まらない定番スポットのひとつ。キンキンに冷えた冬の夜空は、透き通るように澄んだ空気となって最高の夜景を提供してくれる。四方を山に囲まれた甲府盆地の夜景の楽しみ方は真夜中だけではない。日没後すぐには、富士山や南アルプスなどの山々と夜景を同時に見ることだってできるのだ。大好きな彼女との距離を一気に近づけたい人はもちろん、なんでもない日のプレゼントとして夜景スポットを訪れ、大切な彼女の心を鷲掴みしてしまおう。今回は、そんな悩めるシティボーイにピッタリの「山梨の穴場夜景スポット」を紹介する。


安心・安定を選ぶ君は、「牛奥みはらしの丘」へ


まずはじめに紹介するのは、山梨県勝沼ICと勝沼市街を結ぶ勝沼フルーツラインの途中に位置する「牛奥みはらしの丘」。新日本三大夜景のひとつ、「笛吹川フルーツ公園」を望める地元民に人気の穴場スポットだ。この辺りには、いくつか夜景スポットがあるようだが、この場所をおすすめする理由はなんと言っても、分かりやすさと広く設けられた駐車場を含む敷地。“この道であっているのかな?”とか“真っ暗で少し怖いんですけど…”“怖い人が来たらどうしよう…”なんていうちょっとシャイボーイでも自信を持って彼女との時間に集中できる安心・安定の夜景スポットだ。目の前に広がる美しい景色をベンチに座ってゆっくり見るもよし、車の中から眺めるもよし。彼女との会話も弾む快適なドライブと夜景を楽しむことができるだろう。

▲新日本三大夜景である「笛吹川フルーツ公園」を見ることができる夜景スポット

▲ベンチに座って二人で肩を寄せ合えば、気分はまるでトレンディドラマの主役!

▲位置は、この案内板を見て確認しよう。昼間に訪れるのもおすすめ。

牛奥みはらしの丘

住所:山梨県甲州市塩山牛奥5053
駐車場:約30台
トイレ:24時間利用可能


 

はっきりとは言えないが、何かと便利な甲府駅近の絶景!「旧積翠寺温泉周辺」

次に紹介するのは、甲府駅北口からわずか4キロ程で到着する「積翠寺温泉」周辺からの夜景。(積翠寺温泉は、「要害」と「坐忘庵」という二つの温泉施設の総称。甲府市上積翠寺町にあるが現在は両施設共に閉館している)かつては、武田信玄の隠し湯として知られ多くの人が訪れた地だが、閉館してしまった現在は里山の息遣いを感じられる長閑な場所だ。ナビでは、「積翠寺温泉要害」と入れると迷わないが、そこまで上ってしまうと夜景はあまり見えないので、その少し下にある「積翠寺温泉古湯坊 坐忘庵」という看板の向かい辺りに車を停めて見るのがおすすめ。車2台程が停められるように道路が広くなっているのが目印だ。甲府盆地の夜景を楽しみながら車内で静かに語らう夜はどうだろうか。その後のデートも甲府駅近という好立地なら何かと効率が良い!

▲眼下に広がるのは、甲府盆地の夜景

▲下から上って来たときに左手に出てくるこの看板が目印

積翠寺温泉周辺

ナビ検索:山梨県甲府市上積翠寺町(旧:要害)
駐車場:なし (道路脇に2台ほど駐車できるように広いスペースあり)
トイレ:なし

―近隣物件情報―

Latelier R ZENKOUJI

住所:山梨県甲府市善光寺2丁目
階建て:2階建/メゾネット1~2階部分/ 構造:木造
築年月:2018年2月下旬完成予定

Latelier R IWAKUBO

住所:山梨県甲府市岩窪
階建て:2階建2階部分/ 構造:木造
築年月:1994年12月

グリーンボックス20

住所:山梨県甲府市東光寺2丁目
階建て:2階建て2階部分/ 構造:木造
築年月:1990年4月


夜景だけじゃ物足りない体育会系カップルはここ!「銀河鉄道展望公園」

韮崎市にある「銀河鉄道展望公園」は、名称からも感じ取れる通り「銀河鉄道の夜」の作者「宮沢賢治」と関わりのある場所。韮崎市は、宮沢賢治の親友で詩人の保坂嘉内(ほさかかない)の故郷で、宮沢賢治は彼の影響を受けた作品をいくつか残しているという。その中のひとつがこの展望公園周辺から見る中央線列車と街の灯り。街の灯りの中に消えていく列車を「まるで銀河鉄道のようだ」と保坂嘉内が話したところから物語のヒントを得たという説だ。

▲幻想的な風景が広がる

場所は、韮崎ICから車で約5分のところ。夜景のクオリティーとしては、そんなに高くはないが、ここの魅力は他にもある。公園にあるベンチにて様々な筋トレができるのだ。中央線が夜空を走る姿を見たい!というパワフルボーイは、彼女と二人、体を鍛えながらロマンチックな一瞬を待つことをおすすめする。
そして、夜になると筋トレの案内看板や宮沢賢治のことを記した看板が確認しづらいので、日没後すぐの時間がベストタイムと言えるだろう。二人で激しく体を暖めながらこの場所にしかないプレミアムな夜を過ごしてみよう。

▲ここで体を鍛えながら列車が走る時間を待つのがおすすめ

▲案内看板をよく読んで安全に行おう

▲運が良ければ富士山も見える

銀河鉄道展望公園

住所:山梨県韮崎市穂坂町宮久保3144-1
駐車場:5台
トイレ:あり


彼女のがっかりした顔なんて絶対に見たくないもん!なら、「八代ふるさと公園」

桜の名所として知られる「八代ふるさと公園」は、夜景の人気も高いハズレなしの定番スポットだ。広大な公園であるこの場所は、駐車場も数カ所存在するが、古墳の手前にある駐車場が絶好の夜景スポット。駐車場に車を駐車するには、少し急な坂道を上がるので一瞬戸惑うかもしれないが、躊躇せず男らしく一気に上がってしまおう。ポカポカとした車内から宝石のように輝く笛吹市内や甲府盆地の夜景を眺めれば、助手席に座る彼女の頬も火照ってくること間違いなし!

▲車内からもキラキラと輝く絶景を眺めることができる

春は、桜のライトアップと夜景のコラボが楽しめるとのこと。週末ともなれば、カップルの姿が目立つこの場所で便乗して愛を深めるのも悪くない。

▲笛吹市内や甲府盆地の夜景。車を降りて古墳に上がるともっと素敵な景色に出会えるとのこと

八代ふるさと公園

住所:山梨県笛吹市八代町岡2223-1付近(古墳前駐車場がおすすめ)
駐車場:4台 (公園内は多数あり)
トイレ:あり

―近隣物件情報―

バーデンハウス

住所:山梨県笛吹市御坂町成田
階建て:2階建て2階部分/ 構造:鉄骨造
築年月:2004年4月

四季を楽しむ家

住所:山梨県笛吹市石和町窪中島
階建て:2階建/1~2階部分/ 構造:木造
築年月:1987年7月

クラウドナイン

住所:山梨県笛吹市石和町広瀬
階建て:5階建て6階部分/ 構造:RC造
築年月:1997年12月


変わり種!橋と夜景のコラボ夜景「桃花橋(とうかきょう)ループ」

平成最後の新成人の人数が県内3位という南アルプス市。この情報を聞いてもコメントに困ると思うが、住みよい街として近年注目を集めてきている街でもあるということ。しかしながら、デートで訪れるイメージは正直あまりないかもしれない。ということで、定番より変わり種を好む人におすすめしたいのが、同市にあるループ橋の展望公園から眺める景色だ。ループ橋を上がったすぐ右側に車を2台程停められる駐車場がある。設置されているベンチに腰掛け、南アルプス市や甲府盆地の夜景と橋の街灯が織りなす幻想的な風景を楽しんでみてはどうだろうか。

▲中央にあるベンチに腰掛けてゆっくり過ごしてほしい

夜だけではなく、冬の朝は富士山近くから日の出が見られるスポットとして写真家を中心に人気のようだ。道路も広くて運転しやすいこともあり、ドライブがてら立ち寄るスポットとしておすすめしたい。

▲日中は、富士山も見ることができるそう

桃花橋公園

住所:山梨県南アルプス市曲輪田神田
駐車場:2台
トイレ:なし

―近隣物件情報―

富士山の見える家(3月入居可)

住所:山梨県南アルプス市鏡中條1115
階建て:2階建1階部分/ 構造:木造
築年月:2019年2月

サンフォニア八田

住所:山梨県南アルプス市野牛島2454-1
階建て:4階建1階部分/ 構造:鉄骨
築年月:2004年3月


本気の夜景!カモーンヌ!「みはらし広場」

最後に紹介する場所は、本気の夜景を見たい人だけにおすすめしたい甲府市の「みはらし広場」だ。上記で紹介してきたどのスポットよりも美しい夜景を見ることができるこの場所は、美しさと引き換えに少々道が険しい。(単純にライターが怖かっただけかもしれない)甲府市北部の千代田湖近くにある展望台で、車は1台駐車できる(少し上に他3台程駐車できるスペースあり)小さな場所だ。設置されたベンチに腰掛け目の前を見た瞬間、その美しさにきっと驚くことだろう。辺り一面に光り輝く夜景は、山梨県でもトップクラスと言われているほど。こんなに本気の美しさを見せられたら…君が大好きな彼女も間違いなく本気で喜ぶことだろう。(または、ちょっと急な坂道が怖くて本気で怒ってしまうかの二択)

▲展望台にはベンチが設置されている

▲運が良ければ富士山も見られるとのこと

みはらし広場

住所:甲府市山宮町
駐車場:1台 他、徒歩1分の場所に3台程
トイレ:なし

―近隣物件情報―

トランスフォーマーな家

住所:山梨県甲府市山宮
階建て:1階建/ 構造:木造
築年月:1970年09月

羽黒にある絶景の見える家

住所:山梨県甲府市羽黒町
階建て:2階建/メゾネット1~2階部分/ 構造:木造
築年月:1976年6月


今回は、山梨県民だからこそ知る穴場の夜景スポットを紹介してみた。多くの観光スポットが存在する山梨県だが、住んでいる私たちでも知らない場所はまだまだ沢山あるはずだ。この記事を参考に訪れた夜景スポットで、彼女との距離が近くなったシティボーイが現れてくれたら嬉しいな。さて、アツアツの二人が住みたくなるようなとっておきの部屋を我らも真剣に準備し始めることにしよう。

文章:堀内麻実(anlib design)
写真:anlib design