「VivitBase厳選! 山梨県内おすすめ売物件6選」

FEATUREJuly.15.2020

誰もが夢見る夢のマイホーム。
マイホームのイメージと言えば、土地や建物の設計を一から考える、いわゆる「注文住宅」のイメ―ジが強い方も多いのではないだろうか。

近年マイホームに、中古住宅や建売住宅を選択する人が増えている。
一般的な注文住宅と比較し、購入時のコストを抑えられ、且つ実際の状態を見ることができる中古住宅や建売住宅は、購入までに入居後の生活イメージを作りやすい。
またDIYが普及している昨今では中古住宅を購入し、自分なりに物件をリノベーションしながら暮らす方も少なくはない。
今回の特集では、そんな近年人気を博している「中古住宅」「建売住宅」の中から、特にVivitBaseがおススメしたい物件を6つ紹介したい。


公園が欠かせないあなたへ

▲白を基調とした外壁に広々としたバルコニーが映える。

一件目の物件は山梨県民ならほとんどの方が知っている「小瀬スポーツ公園」の近くの甲府市小瀬町4LDKの中古物件。
小瀬スポーツ公園は広大な敷地面積を有しており、山梨県の地域サッカークラブ、「ヴァンフォーレ甲府」のホームスタジアムにもなっているため、試合が開催される日には県内外から多くの人が足を運んでくる。
また、公園内は緑も多く、春になると満開の桜がとてもきれいだ。

▲広々としたバルコニーには家族分の洗濯物が十分に干せるスペースがある。

肝心のお部屋は一つ一つの居室が広く作られている。
リビングも16帖と広々としているので家族団欒の時間もゆったりと過ごせるだろう。
建物以外の敷地面積も広く、車社会の山梨県には必須の駐車場も余裕で普通車が3台停められるなど、車社会の山梨には嬉しい。

甲府駅近く、セカンドハウス的マンション。

▲甲府駅北口から徒歩10分ちょっとという好立地にある。

多拠点生活、という言葉をご存知だろうか?
俗に言う別荘という形ではなく、あくまで生活の利便性の向上や、頻繁に訪れる第二の故郷にもう一つ家を持つこと、いわゆるセカンドハウスを持つことを指す。ちなみにこの「セカンドハウス」だが、実は税制面で別荘と異なり軽減措置が受けられる場合もある。
今、都内在住の方で、郊外でのもう一拠点に山梨県を選ぶ方がとても増えている。
都内からのアクセスが良い山梨県はセカンドハウスにぴったりの好立地。
その中でも駅近くである甲府市宮前のこの物件は飛び切り好条件と言えるだろう。

▲木目調のクロスがアクセントとして入っていることで、お部屋の雰囲気がグッと落ち着く印象になる

間取りは1K。一般的なホテルと同じ広さと考えれば十分な広さだ。
むしろ好きに家具などをカスタマイズできると思えばプラス要素満載だといえる。
山梨大学からも近いので、お子さんの大学進学を期に賃貸ではなくいっそのこと購入するのもアリかもしれない。
お子さんが卒業されても、自身のセカンドハウスとして利用しても楽しそうだ。

おばあちゃんちみたいで、どこか懐かしい。

▲庭に面したお部屋の外にはサンルームとしても使える縁側がついている

私たち多くの日本人が住んできた家、いわゆる「おばあちゃんちみたいなお家」って実はこんな感じだったよなぁ。と思わせてくれるのがこの物件。
私たちにはどこか懐かしく、昔の記憶を思い出してしまうこの感じ。

▲表の庭部分には十分な広さがあり、ちょっとした野菜の栽培くらいならできそうだ。

甲府市貢川本町にある4DKのこの物件は、そんな懐かしい思い出を呼び起こしてくれる。
物件の懐かしさとは裏腹に、周辺には新しい商業施設も多く点在する。
スーパーや薬局、コンビニなどはすべて徒歩圏内にあり、大通りにも近いので県内であればどこでもアクセスがよく、生活の利便性も良い立地。
そんなおばあちゃんち感溢れる温かさも、中古物件ならではの魅力と言えるだろう。

車での移動が多い人に

▲スクエア型のカタチは時代に左右されないスタイリッシュな印象。

物件購入を考えている方で、綺麗な住宅がお好みの方は建売住宅がおススメだ。
同じ新築の注文住宅と比較しても、建築後の状態を見ることができるので、安心して購入することができる。

そんな人気急上昇中の建売住宅が甲府市徳行にある。
物件周辺には高速道路のICや、山梨県民御用達の「国道20号」や「アルプス通り」にもちょうど抜けやすい場所なので、普段から車での移動が多い方には便利な場所だ。
近隣にはイオンモール甲府昭和などの商業施設や、多数の飲食店が並んでおり、普段の買い物やたまにの贅沢な外食にも困らないだろう。

▲少し奥に入ったキッチンは来客からも見えにくく、生活感が出にくい。

室内はオール電化。小さなお子様がいるご家庭には安心してお料理もでき、何より光熱費が節約できるのが嬉しい。
その他にも浴室乾燥機や、IHのシステムキッチンなど、最新の設備を備えている。
間取りは4LDKで、制震構造になっているのも長く暮らしていく上で安心して生活できそうだ。

絶景×温泉地×新築

山梨県内では複数の場所から綺麗な夜景を一望することができる。
4LDKのこの物件が位置する甲府市羽黒町もその一つだ。

▲自然に囲まれた緑を身近に感じられる立地にある。

特にこの羽黒町地区周辺は古くから温泉地としても栄えている。
少し下に下れば「湯村温泉郷」もあり、日々の疲れをいやす場所には困らないだろう。
もちろん生活に欠かせない商業施設も、少し車で下れば通り沿いに点在しているので、車さえあれば楽に生活できる。

▲車も4台停められるのは車社会の山梨ではありがたい。

駐車場は家族で2台所有していたとしても、来客時の駐車場問題も難なく解消される。
2階の1部屋には書斎もついているので、在宅での仕事時にも不自由なく過ごせるだろう。

富士山を眺めながら、贅を尽くす。

最後に紹介するのが、富士山の麓に位置するこちらの3LDKの物件。
この物件が位置する南都留郡鳴沢村は、比較的都内からもアクセスが良く、リゾート地としても人気が高い。
周辺にはリゾート地ならではの娯楽スポットも多く、また窓の外には溢れんばかりの緑が広がっており、富士の四季折々の自然を肌で感じることができる。
夏は近くのゴルフ場でゴルフを楽しみ、冬はスキー場でウィンタースポーツを楽しむのもいいだろう。

▲リビングは広く、複数人でのパーティーも楽々開催できそうだ。

▲お風呂場の窓の外はすぐ目の前に森の木々が映る。

土地面積は驚くことに885㎡。
バスケットコートが余裕で2個も入るほどの広さだ。
室内もリゾート地とは思えないほど充実した設備が整っている。
都会の喧騒から離れ、たまにの休日を自然の中で過ごすのも贅沢だろう。
居住地としてではなく、別荘地としてこの地に居を構えるのもいいかもしれない。


いかがだっただろうか。
技術の進歩やインターネットの普及により生活の利便性が向上したことから、現代では一人一人に様々な生活スタイルが存在している。
そんな一人一人に向け、VivitBaseは誰にとってもわくわくできるような物件を提供し続けていきたいと思っている。
今回ご紹介した6つの売物件だけでなく、VivitBaseではその土地に住む不動産会社として、様々なお客様のニーズに答えられるよう、今後の多様化するライフスタイルにフィットした物件を提案していきたい。

▼物件情報
ご紹介した6つの物件以外にも、VivitBaseは様々な物件を取りそろえておりますので、ぜひ以下のリンクからも物件をチェックしてみてください!

山梨県内で売物件を探している方はこちらから!