よし!なりたい自分になろう♪大人の習い事特集

FEATURENovember.13.2020

あー忙しい忙しい。毎日自宅と会社の往復。夜は夜で家事と家族の為の時間であっとゆうまに就寝。オーマイガ。できれば感じたくない自分へのマンネリズム。どこかに刺激という名のサプリメント、落ちてないかしら。。。そこに登場したのが、『わくわく戦隊ヴィヴィットベーズ』!今回は3人のヴィヴィットベーズたちが先陣を切って君臨(習い事体験を)しました。私たちと一緒に習い事を始めましょう。皆様がわくわくする習い事を存じ上げておりますわ。今が人生100年時代というならば、いつからでも夢に向かって青春してほしい。そして、なりたい自分になれたなら、その時は一緒に乾杯なんていかがでしょう。山梨県にもほら、おもしろそうな習い事がたくさんありますよ♪この特集があなたのサプリメントになれるといいなぁ。


家族の健康を食事から守りたい。愛情たっぷりなあなたにぴったりのお料理教室「Essence」

山梨県甲府市国母に、愛をふりまく魔法使いがいるという噂を耳にしました。なんでも、お手軽料理でHappyの輪を広めているのだとか。野菜ソムリエが教える料理教室、その名も「Essenceエッセンス」。これは皆さんに教えなくては、わくわく戦隊の名が廃る!と、ヴィヴィットベーズのゆっくん(行光(ユクミツ)家の長男:経理部マネージャー)が魔法のレッスンを体験しました。

▲チョークアートの可愛い看板を発見!「緊張シマスネ…」と呟くゆっくん。

ドアを開けると、「こんにちは°˖✧(^^)✧˖°」と入り口に入った途端キラキラした笑顔で掛けられる愛の魔法。間違いない。こちらが噂の大久保掬恵(オオクボキクエ)先生ですね!

▲野菜ソムリエの他にもたくさんの肩書をお持ちのスーパーウーマン!みんながほっとしちゃう癒し系で生徒さん達から「掬ちゃん先生」と親しまれています。

☟大久保先生のプロフィールはこちら
https://essence2007.com/profile

さて、Essenceさんでは大久保先生ならではの数々のレッスンがあるのですが、本日ゆっくんがご紹介するのは「旬の野菜徹底活用術!1dayレッスン」(5,000円(税込))。3食きっちり野菜を食べるのって結構大変なんですよね。助かります、大久保先生!

▲普段、料理はそんなにしないタイプのゆっくん。眼鏡キラン☆

大久保先生のレッスンの愛情ポイント、それは料理の作り方を教えてくれるだけではないというところ。一つ一つの食材について、どんな栄養があってどう体によいのかという基本的な知識をきちんと教えてくれます。なぜなら、「知って食べることが健康に幸せに生きること」へと繋がるから。愛する家族の健康が、自分の幸せでもあります。食事からHappyに♪毎日流れ作業の様に料理していた私。ああ、胸が痛い。

▲まずは知識を入れましょう♪大久保先生の授業からスタート。1日に必要な野菜の量はこれくらいなんですよー。

そして、「料理をしながら楽しく運動しましょう!」と気になる一言。おもしろそう!お勉強の時間が終わり、いよいよ実践!優しい生徒の皆様のおかげで、緊張が少しほぐれているゆっくん。

▲今日のメニューはこちら。秋刀魚の蒲焼丼、体温まる冷凍野菜の味噌汁、蕪とリンゴの甘酢漬け、お月見スイートポテト団子(画像にはないですが後ほどご紹介します!)

▲いざ!包丁で切るべストスタイル。右足をすっとひいてお腹をきゅっと引き締めましょう。

大久保先生が教えてくれるお料理は、毎日無理なくお手軽にできるお料理ばかり。それゆえ、同時調理は当たり前、おすすめの時短方法、まな板を使う順番、そして、冷凍術を使ったお料理を教えてくれます。

▲2人一組になって実践。どきどき。レッスンは女性の方同伴なら男性も参加可能だそうです。

▲あれ?結構上手!手先が器用なゆっくん。会社での電話対応も丁寧なのです。

大久保先生のキッチンには、これ欲しい!と思っちゃう便利グッズがたくさんあります。

▲例えばコレ。シュッと開いてまな板の横に準備しておける即席ゴミ箱。早速欲しーい。

▲りんごとかぶを切って袋に入れて調味料を入れまして。軽くもみます。柚子の皮を切ったらもうあとは待つだけです。uh簡単。

そして、大久保先生との会話もとっても面白いんです。農家さんから教えてもらった素材ごとのおいしい食べ方なども、会話の一つにして教えてくれます。

▲サツマイモを切ります。ゆっくんの左手、小学校で習った通り、きちんとグーになっています。

そして、蒸し焼きにするのですが、なんと、魚焼きグリルを使います。「1分で300℃になるからオーブンよりも便利なんですよ」と。なるほど!

▲大久保先生のアイデア満載のレッスンです。

そして、お味噌汁を作りましょう!というタイミングで、出ました!!大久保先生の冷凍術!お味噌汁の具は冷凍していた方が、お出汁がしみこみやすくておいしいのだそう!うわー。知らないで損してました私!1回1回洗って切ってました…

▲根菜も、1回じゃなかなか使いきれない油揚げも、こうやって冷凍保存しておけば、ラクラクです。

いよいよ秋刀魚の蒲焼づくり。初心者にもおすすめの手開きという方法で秋刀魚様を開いてゆきます。

▲そつなく秋刀魚様を取り扱うゆっくん。すでに料理男子です。

後は焼くだけ…と思ったら、大久保マジック!運動しながら焼きましょう!の時間です。焼く人は片足立ちで、焼かない人はかかとを上下に動かしましょう!

▲手元に集中気味のゆっくん。週に2回は結構本気の水泳をしているので、まあ良しとします。

▲いくつもの料理があっとゆう間に出来上がります。助かる―!

▲おー!土鍋!

▲わー!土鍋!やってみたいなぁ。

いよいよ盛り付けて、、、完成です!

▲得意料理は秋刀魚の蒲焼丼です。と言いはじめたゆっくん。おいしそーう。

▲そして、魚焼きグリルで蒸し焼きをしていたサツマイモは、見事にいい感じで火が通り、準備していた材料とまぜ、お団子にして再び魚焼きグリルへ。数分後…

▲お手軽!ドラゴンボール風お月見スイートポテトダンゴになりました。あっという間です。

生徒の皆さんでパパッと片づけて、ササッと準備して…

▲「いただきます。」のお手本のようないただきますをするゆっくん。

▲大久保先生と他生徒さんと一緒に食べる、素敵なお食事タイム♪習い事をすると、人とのつながりが出来るのもいいですよね!

…そこにさっと出てきた、秋刀魚の骨のから揚げ!
さっと出てきたー!秋刀魚の手びらきで排除した、骨!「無駄にしない」という愛情フラッシュ!

▲最高においしかったです!秋刀魚様にも感謝!

最後に大久保先生のまとめがあり、時短アイデアと食材の知識が満載、そして、食べ物を無駄にしない!大久保先生の魔法のレッスンが終了しました。

誰かに教えたくなる「料理」という名の愛情をプラスして、これからの人生、愛する人と健康にHappyでいたい。そんな方は、是非、大久保先生のEssenceに一度触れてみてくださいね。「秋刀魚の手開きができる」というモテ要素をGETしたゆっくんの今後にも注目です。

※他にも飾り寿司をつくるコースなど、料理心をくすぐられるレッスンが盛りだくさんです。詳細は、Essenceホームページをcheck!

教室野菜ソムリエが教える料理教室「Essence」

場所:山梨県甲府市国母2丁目7−6
駐車場:近くに専用駐車場があります!
お問い合わせ:055-222-6566(080-1333-2101)

https://essence2007.com/

入居者カードご提示で、便利な計量スプーンをプレゼント♪入居者様のお料理生活が少しでも楽しくなりますように。。。
※2021年11月末まで
※初回1回限り

※VivitBaseの管理物件入居者の方のみのサービスとなります。
ご予約時に入居者カードを使用する旨をお伝え頂き、店頭にてご提示ください。(カードのご提示が確認できない場合は、サービスをご利用頂けません。)


心が弾むチョークアート♪やってみたいな、が人生を変える1歩になるかも。「Merry Chalkart*」

巷のおしゃれなCaféや可愛いお店で見たことあるあの¨チョークアート¨。皆さんはチョークアートを見て、「キュン」となった経験ありませんか?それは秘めたるあなたのアーティスティックな心が顔を出した瞬間かもしれません。実は山梨県の甲斐市にもチョークアートをさっくりでもどっぷりでも習うことが出来る、ありがたい教室があるんです。その名も「Merry Chalkart*」。ここに君臨したのは、ビビットべーズのグレーテル的存在のあおいちゃん。(普段は事務をしています。)チョークアート、やってみたかったんですって。今日のあおいちゃん、なんだかいつもより足早。心弾んでるんだなー。

▲「今日、楽しみにしていました。」でもちょっと緊張気味のO型サウスポー。

Merry Chalkart*のkaori先生はとっても話しやすくて、笑顔がキュート♪チョークアートを山梨県に広めたい!と山梨県内で初めてのチョークアート講師となった方なのです。すごい!

▲こちらがkaori先生。チョークアートを学ぶため、オーストラリアに飛び立つという行動力に脱帽です。

▲kaori先生の作品たち。クッキーは美味しそうだし、サボテンはとってもおしゃれ。

▲とってもリアルなドーナツも発見!文字もフリーハンド!

さてさて今日は、初心者葵ちゃんも安心してチョークアートを楽しめる1回体験コースをやってみましょう。「先生、絵が得意じゃなくてもチョークアートできるんですか?」勇気を出してあおいちゃんが質問しました。「全然心配しなくて大丈夫ですよ(^^)」と優しい女神様(kaori先生)。

▲ちなみに、あおいちゃん作ミッキーマウスです。「やあ!」これはこれで可愛い。

そしていよいよ、あおいちゃんのチョークアートデビューの瞬間です。

▲まずは、好きなボードの形やどの絵に挑戦するかをサンプルを見て決めます。

▲お花にしたんだね!見本の絵をなぞってボードに痕をつけます。カンタンカンタン♪

▲kaori先生が手取り足取り優しく教えてくれます。いよいよ、チョークを使います。

「サっといった方がいいですよね?」と、早速失敗を恐れるあおいちゃん。

▲記念すべき、ファーストタッチ。チョークというよりは、クレヨンみたいな質感です。

一般的なチョークよりも油分がかなり多いので、指でなじませたり、グラデーションをつくると鮮やかでとってもきれいです。

▲こちらがkaori先生も愛用しているチョーク。真ん中の可愛い女の子が、チョークアート創始者のモニーク・キャノンさんなんですって。

▲カラフル―♪日に日に衰えを感じる私の目に効くー👀☆

そして、立体感を出すため、色をどんどん重ねて指でぼかします。

▲中指でくるくるぼかしていきましょう。

▲そうそう、その調子。

▲一旦確認。グラデーションいい感じ!

その後も順調にチョークアートに没頭するあおいちゃん。もう多分、私の存在は忘れられております。

▲もはや、芸術家あおいです。

お花と葉っぱを書いて、綺麗に縁取りしたら、絵の部分は完成!

▲グラデーションも上手にできました!

最後に、好きなようにデコレーション!「えー、どうしましょう。」この悩めるあおい、実はあの有名な草間彌生の家系図に頑張ればのれるくらいの繋がりがあるのだとか。最強のアーティスティックな血がどうか騒ぎますように、と見守る中、「玄関に飾りたいです…」
と答えを出した!

▲表札っぽい感じね!いいじゃん。お母さんが喜ぶね。とつい母親目線になってしまう。

そして…………..じゃーん!完成!

▲先生!上手にできました!水色ドットが草間系っぽくないですか?

Merry Chalkart*では、趣味コース、プロコース、1回体験コース(一人3回まで体験可能、3,500円(税込)/1回)があって、お子様から大人の方まで幅広い方々がチョークアートの虜になっています。まさに、なりたい自分への第1歩が踏み出せる習い事ですね!

▲「チョークアート、めっちゃ楽しかったー」by あおい

★おまけ

▲無事、草間家のリビングに飾られました!(玄関じゃなかったのね)

※レッスンだけでなく、メニューボード、ウェルカムボード、出産祝いの記念ボード作成などのご依頼も多いそうです。ご興味のある方は、お気軽にお問い合わせくださいね!

Merry Chalkart*

場所:山梨県甲斐市名取
駐車場:あり
お問い合わせ:merry.chalkart5@gmail.com

https://www.facebook.com/merrychalkart

入居者カードご提示で、1回体験コースを受講された方に専用イーゼルプレゼント♪
※2021年11月末まで
※初回1回限り

※VivitBaseの管理物件入居者の方のみのサービスとなります。
ご予約時に入居者カードを使用する旨をお伝え頂き、店頭にてご提示ください。(カードのご提示が確認できない場合は、サービスをご利用頂けません。)


魅惑の「盆栽」。植物の魅力に溺れる。知れば知るほど。「秋山盆栽園」

最後にご紹介するのは、―――BONSAI―――。(何となくローマ字で表したくなります。)
わくわく戦隊ヴィヴィットベーズのラスボス、金田は言いました。「わたしは植物が大好きです。盆栽の領域に踏み込むということは、私の夢であり、最終系です。どうか、私に盆栽やらせてください。」素晴らしいよ金田。好きなことを徹底的にやるなんて、わくわくの極みですね。羨ましい!山梨県韮崎市に、ずっとずっーと地域の人から愛され続け、すごい賞をたくさん受賞されている「秋山盆栽園」があります。秋山さんならきっと、金田の盆栽欲を受け止めてくれると確信し、いざ、韮崎市へ向かいます。

▲盆栽を見渡して嬉しそうな金田。秋山盆栽園様にて。

こちらが「秋山盆栽園」の秋山実先生です。本日は私たちを盆栽の世界に連れて行ってください!

▲写真からも、秋山さんの優しさがにじみ出てしまう。これも盆栽の神秘な力なのだろうか。

秋山さんは、韮崎高校卒業後、6年間都内で修業をし、山梨県に戻り家業を継いだのですが、29歳の時に日本盆栽作風展にて、史上最年少で盆栽界の最高峰の賞である内閣総理大臣賞を受賞された本当に本当にすごい方なのです。

▲賞状がずらり!向かって右上3つが内閣総理大臣賞(3回受賞!)の賞状です。右から、森さん、野田さん、安部さん。(さん付けですいません。)

☟秋山さんのプロフィールはコチラ
http://www.akiyama-en.com/

▲こちらが第34回作風展で内閣総理大臣賞受賞作品の「真柏」。すごい迫力です。

今日はオリーブ盆栽の体験(5,500円(税込み))をさせて頂きます。

▲入り口に入って秋山さんに出会った瞬間から質問攻めの金田。盆栽への情熱がすさまじい。そして、さりげなく「真柏」がある。

こちらの秋山さんが手作りしたアトリエ的スペースでレッスンが始まるはずだったのですが、30分、そして40分経っても全然止まらない質問コーナー。

▲私たちに根気よく付き合って下さる秋山さん(神様)。

▲植物の迫力というか、生命力がすごい!このうねりを自分の思い描く通りにするべく、時間をかけて手入れをしていくのが盆栽の魅力の一つ。

「盆栽を手入れする」とよく言いますが、私はこの緑の葉の部分をヘアカットみたいにチョキチョキして形を整えることかと思っていました。でも、葉の断面にチョキチョキした形跡なし。なのにこの整い方。不思議―。

▲葉はチョキチョキせず、枝を剪定して成長を抑えてより密に形を作っていったり、枝と枝をくっつくように成長させて、理想のシルエットにしたり。と。とってもとっても奥が深いっ!

▲ペンを駆使して説明し続けてくださる神様(秋山さん)。

▲作品のアルバムを見ながらどんな風に盆栽が変化していくかを教えてもらいました。1年ごとの成長過程。盆栽はゆっくりゆっくり理想の形になっていきます。

さあ、いよいよ、金田の盆栽体験が始まります。たっぷりいただいた質問コーナーの甲斐あって、基礎知識が身についています。まずは体験に使う、マイオリーブを選出。

▲迷わず選ぶ。さすが!後ろにいらっしゃるのがこの日レッスンに来ていた外国の方。やっぱり日本の盆栽は外国の方にも魅力的な芸術なのですね。Bonsaiは日本の誇りです。

オリーブが盆栽になるんだってことに驚きましたが、若い人を中心に結構注目されています。そして、親しみやすいオリーブを使って盆栽という文化に触れてほしいという、秋山さんの想いにも感動してしまいます。盆栽は芸術です。まずは正面をきちんと決めましょう。

▲迷っても大丈夫!秋山さんが「ここを正面にしたら、こんな感じのシルエットになりますよ」と丁寧に教えてくれます。ありがたや。

▲ポンポン決めていく金田。それを見守る優しい眼差しの秋山さん。

で、正面が決まったら、メインとなる部分(主幹)がおのずと決まりました。次は楽しい剪定です。盆栽は鉢の中にギュッと密になるように植物を育てます。それゆえメイン部分の成長の妨げになるようところをスパッと切ります。断捨離みたいな感じでしょうか。(ちがう)

▲人より多めの邪念を浄化させたくて園芸をはじめ、どんどん植物が好きになっていったという金田。ようやく盆栽までたどり着きました。なんかおめでとう!

▲できた!ここからが肝心。

次は針金掛けというとても重要な作業です。形を固定します。

▲まずは主幹。葉っぱを巻き込まないように針金を巻き付けていきます。

▲この時オリーブにやさしく話しかけるとよいでしょう。

▲巻き終わったら、自分を信じて形を作ります。

▲「卍」の様に針金を曲げていきます。

▲できた!うまいうまい。

オリーブが無事、ジョジョ立ちしたところで鉢に移します。

▲秋山さんがご用意してくださった鉢に赤玉土を入れて…

▲オリーブを入れてあげます。この時もオリーブに話しかけることを忘れずに…

▲土が隠れるように、コケも着せてあげましょう。

▲真柏様に見守られながら…

▲完成です!良きかな!

盆栽に完成はありません。時を重ねて変化をしていきます。今の自分を表現するようにお手入れをしながら、鉢の中に自分の思い描く形で好きな植物を「ぎゅっ」とコンパクトに、自分だけの「ミニチュア風景」を作っていくのです。ああ、溺れそう。知れば知るほど。

▲秋山さんのお人柄と盆栽により、金田の浄化完了。

★おまけ

▲愛犬と一緒に元気に育ち中。

▲金田邸で邪念を浄化中。

※秋山盆栽園さんでは、お持ちの盆栽を持ち込めるレッスンの他、販売もしています。そして、困ったときのメンテナンスやお預かりなどのご相談にものって下さいますので、お気軽にお問い合わせくださいね!

秋山盆栽園

場所:場所: 山梨県韮崎市本町3-1-50
駐車場:あり
お問い合わせ:090-4832-8668

http://www.akiyama-en.com/

入居者カードご提示で、オリーブ盆栽体験5,500円➔4,500円(税込)で体験できます♪入居者様が運命の盆栽と出会えますように♡
※初回1回限り

※VivitBaseの管理物件入居者の方のみのサービスとなります。
ご予約時に入居者カードを使用する旨をお伝え頂き、店頭にてご提示ください。(カードのご提示が確認できない場合は、サービスをご利用頂けません。)


山梨県で暮らすすべての人に伝えたい。暮らしが少しでもときめく情報を。一人でも求めている人がいるならば、オフィスを飛び出したって怒られない。あなたの笑顔が私たちのサプリメントなのだから。次回の出番が来るまでの間、わくわく戦隊ヴィヴィットべーズは今日もオフィスで元気に営業中!

■VivitBaseスタッフおすすめ特集、こちらもどうぞ❥

▼夏のアクティビティ特集

▼スポーツの秋「身体にいいことしようよっ」スポーツジム特集